インプラント 安い 東京

安いインプラント歯科|選ぶ時の注意点

インプラント治療

インプラント治療は高額になるので、安い費用でできると経済的に助かります。企業努力によって安いインプラントを提供してくれる歯科医院ならいいのですが、技術や品質を落とすことで安いとしたら問題です。そこで、安いインプラント治療を行っている医院の中で、ありがちな2つの注意点を見てみましょう。

 

⇒格安でしかも安心のインプラント専門歯科をご紹介しています

 

安い理由1)インプラント技術向上への投資の節約

インプラント技術を向上させるには、海外の学会や東京などで開催される勉強会、研修コース等などに出席し最新の技術や知識を得る活動が必須となります。インプラント治療の技術は日進月歩なので、専門医としてはそのような活動を継続していかないと技術について行けなくなると言っても過言ではありません。

 

でも、当然その間仕事を休まなければなりません。海外渡航ともなれば1週間程度の日数になります。しかし、開業医の場合ですと、1週間もの間、診療を休むということは医院の死活問題に直結します。一般的な医院ではその月の経営は赤字になります。ですから経営を第一に考える医院では、そのような無謀なことはまずしません。

 

一方、常に患者さんに最新の医療を施すことをメインに考えているインプラント専門医であれば、時間やお金の投資を惜しみません。
安い歯科医院にありがちなのが、技術向上への投資を節約する歯科医や技術レベルの低い研修医などによるインプラント治療です。実際のインプラント治療をする執刀医が、高い技術に基づく治療ができる専門医がかどうかの確認はとても大切です。

 

安い理由2)インプラント体に対する節約

インプラント体のメーカーは、世界で200社以上あります。その中で、本当に世界標準といえるのはわずか数社というのが実態です。米国歯科医師会では、厳しい基準をクリアした歯科製品に認証を与えていますが、ノーベルバイオケア、アストラテックなどの5社程度が現在、インプラント専門医の間では世界標準とされています。

 

患者のことを第一に考える歯科医師であれば、たとえ高価でも信頼性の高い世界標準のインプラントを使いたいと考えるはずです。しかし中には、
安いプラント、つまり世界標準ではないインプラント体を使うことで安い治療費を実現している歯科医院も存在します。
世界標準でないインプラントメーカーは、数年の歴史しかありません。ですから、使ったインプラントが何年持つのか症例がないのが実態です。技術の積み重ねによる改良とか症例データの分析・蓄積がないので、格安さを前面に出すしかないのです。

 

インプラントの品質を少し落としてでも、患者のニーズに答える意味で安いのなら、ある意味良心的といえますが、もっとも注意しないといけないのは、コストをかけていないにもかかわらず、インプラント治療費が高額な歯科医院です。

手頃で安い|しかも技術の高いインプラント歯科!

インプラント治療

高額な費用がかかり経験の少ない一般医と、手頃で安い費用なのに技術力が高くて圧倒的な症例数を誇るインプラント専門医、あなたはどちらを選びますか?当然、後者だと思います。

 

数ある東京都内のインプラント歯科医院の中で、その条件をクリアするインプラント専門医院があります。世界標準のインプラントを使用しながら、企業努力によって安い治療を実現しています。経験豊富な執刀医や麻酔医などのチーム体制を整備したインプラント専門歯科。その技術力の高さと格安な治療が評価され、顧客満足度ランキング2年連続1位を獲得している、国内一を誇る施術実績のインプラント専門歯科です。

 

⇒格安でしかも安心のインプラント専門歯科をご紹介しています